亀屋良長

亀屋良長の菓子見本帖小噺

商品カテゴリー

お菓子の小噺

烏羽玉

「ぬばたま」というのは、黒・夜・夢にかかる枕詞で、
「ぬば」という語は「黒い~」の最も古い言葉とされています。
当店の烏羽玉(うばたま)も転訛してその名がつけられたものです。

弊社には、明治時代の烏羽玉の配合帳が残っています。
今より大きく、砂糖の割合も多いです。
長年作り続けてきた烏羽玉。
その大きさ、味は時代の変化に応じて少しずつ変わってきています。

しかし形だけは変わっていません。
意匠はつややかなまん丸の餡玉に、けしの実が装飾されているだけです。
これ以上ないシンプルで美しいデザインではないでしょうか。

宝ぽち袋

代々伝わる、小さな宝づくしの木型がありました。
私どもの婚礼の際の引菓子に、父がその木型を使った宝づくしのお干菓子を、
木箱にびっしり入れたものを作ってくれました。
とっても小さいので、詰めるのにお箸を使って詰めた、と後に聞きました。
カラフルでとても可愛い、と思い、いつか何か形にならないかなと数年間思っていました。
そんな中、ぽち袋がとてもよく売れている、という話を聞きました。
ぽち袋に入れたら、縁起も良いし、かわいいのでは!と思いつきました。
でも、和紙のぽち袋では、お客様が選んでいるうちに、紙がクタクタとなってしまうしどうしよう、と悩み、SOU・SOU若林さんに相談。
そして、社長様のアイデアで、伊勢木綿の布ぽち袋が完成しました。
こうして、SOU・SOUとの初めてのコラボ商品が誕生しました。

焼き鳳瑞〈種まき〉

ある日、北海道の農研機構の方から、韃靼そばの実とかぼちゃの種を頂きました。
その数日後、別の方から煎り玄米を頂きました。
ポリポリ歯ごたえがあって、香ばしくて、美味しいなぁ、
身体にもいいし、これを使ってお菓子にしたいなぁ、と考えてできたお菓子です。

鳳瑞とは、昔からあるお干菓子の一種で、卵白に砂糖をいれて泡立て、寒天で固めたお菓子です。
それを乾燥焼きしたもの、ということで、「焼き鳳瑞」と命名しました。

畑をイメージしていて、最初は、板チョコのような大きなサイズに、上に4種類トッピングをのせていました。
食べやすくするために、色々な形で試している中で、亀甲型が上手く焼けず、丸に焼けたのが可愛く、今の形になりました。

偶然が重なり、ひょんなきっかけから生まれたお菓子ですが、流れがあり、スムーズに出来たお菓子です。

焼き鳳瑞〈待ち春〉

「待ち春」という言葉は寒さの厳しい冬でも、もう少しで暖かい春が来るよ、と心待ちにそれを楽しんでいる感じがして、とてもポジティブで好きな言葉です。
植物などが眠っている静かな冬の大地と、春の訪れが楽しみな気分を表現しました。
Dari Kさんのカカオ豆と、柚子やピスタチオ、イチゴの組み合わせが食感も楽しく、フルーティな風味です。

もっと見る